« 御礼申し上げます。 | トップページ | 「ダヴィンチ・コード」続き »

2006年7月 4日 (火)

「ダヴィンチ・コード」

気分転換に、「ダヴィンチ・コード」を見に行く。長いし、情報量も多いから、本番終わりの疲れた体でもつかしらと思いながら、見てたのね。まぁ、最初の内は集中して見てたんだけど、後半も後半、ていうかラストの15分で一瞬の気のゆるみから睡魔に襲われ、ウト…ハッ!ウト…ハッ!の連続で気付いたら、トムハンクス、話しめてるやん……えっ、結局どうなったの?オドレィ・トトゥは???状態。そんな私の目の前を、エンドロールが淡々と流れはじめたよ。 「ダヴィンチ・コード」の核心部分がわからないまま、私は、スクリーンを後にする。 もう一度、見ようかどうしようか、非常に迷う所である。

|

« 御礼申し上げます。 | トップページ | 「ダヴィンチ・コード」続き »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ダヴィンチ・コード」:

« 御礼申し上げます。 | トップページ | 「ダヴィンチ・コード」続き »